無農薬ブルーベリーを使用した無添加ジャムの通販 【神峯園】

ブルーベリーとは

ブルーベリーは、目に良い食べ物として人気の高い果実です。
こちらでは、ブルーベリーの基礎知識についてご紹介したいと思います。

ブルーベリーとは・・

ブルーベリーは、北アメリカ原産のツツジ科スノキ属に分類されている、低木性果樹です。
青く小さな甘酸っぱい実をたくさんつけるのが特徴です。
ブルーベリーは、きれいなブルー色をしていることから、「ブルーベリー」と名付けられました。

17世紀に北アメリカに渡ったヨーロッパの人々が、ブルーベリーを発見したことで、世界に広まったという説があります。
日本で有名になったのは、1970年頃からだといわれております。
その当時にブルーベリー栽培が盛んになったことにより、日本中で、ブルーベリーが知れ渡るようになったのです。

 

野生種と栽培種の違い

ブルーベリーとは

ブルーベリーは、大きく分けて野生種と栽培種の2種類に分かれます。
元々野生種は、高さ数十センチの低木だったのですが、多くの実を実らせようと、品質改良を繰り返したことで、現在の高さのブルーベリーが一般的になってきたのです。
栽培種と比べ野生種は、実が小さく引き締まっているため、アントシアニンやポリフェノールが豊富に含まれています。
その反面、栽培種のブルーベリーは、実が大きいのが特徴で、野生種の3倍の大きさにもなるといわれております。
ブルーベリー特有の色合いも、野生種と栽培種を比べると、野生種の方が濃いという特徴をもっています。

 

ブルーベリーが目に良い理由

ブルーベリーとは

ブルーベリーが目に良いといわれるようになったのは、第二次世界大戦中のブルーベリージャムがきっかけだといわれております。
当時、イギリス空軍のパイロットが、ブルーベリージャムを塗ったパンを毎日食べていました。
ある日、夜中の飛行を行っていたパイロットは、真っ暗の中、視界がはっきりと見えるといったことが発見され、ブルーベリーの研究が進められるようになったのです。
研究により、ブルーベリーには、アントシアニン色素といって、人間の目の働きを助ける成分が含まれていることが分かり、現代では、目に良い食べ物として認知されるようになっているのです。

 

弊社では、無添加の国産ブルーベリーを販売しております。
こだわりの天然ブルーベリーをギフトとしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。